イミダペプチド

画像

【イミダペプチド】


あまり聞き慣れない単語ですが、驚異の疲労回復物質という触れ込みで、近頃紹介されているらしい物質です。


NHKラジオの朝番組でも、健康コーナーで一週間ほど特集を組んでいました。


主には、渡り鳥や回遊魚の筋肉と血合部分に、イミダペプチドを起動させる酵素とともに存在します。


大型回遊魚は時速30kmで泳ぎ続けなければなりませんし、渡り鳥は延々と海を飛んで渡らなければなりません。


彼らの筋肉は、『動かしながら』『休ませる』という、相反する作用を可能にするよう、進化しているらしいのです。


その中心的役割を担うイミダペプチドは、摂取時に生でも加熱しても、その質量や効果が変わらないという特性をもっているそうです。


ただ、イミダペプチドのみでは効果が無く、その効果を起動させる酵素が必要らしいのですな。


その酵素は、私たち人類の筋肉中にも多少はあるのですが、もちろん回遊魚の血液中には豊富に存在しています。


つまり、大型回遊魚の血合部分は、イミダペプチドとその起動酵素の塊らしいのです。











実はロッキー、この夏に毎週2回以上は、鰹のアラを50円や100円で買ってきて、鰹飯を作っています。


娘も作ります(笑)


必然的に毎日、鰹の血合を食べています(笑)


その効果なのか?


お神輿に行った翌日の、筋肉痛や疲労が無いのです(驚)


これは個人的におおいにびっくりしていることで、是非とも続けてみようと思っています。







人体には、日常生活で使う筋肉の他に、例えば心臓のように一生稼動を続ける筋肉もあれば、肛門活やく筋のように、力が入り続けている筋肉もあります。


こういった筋肉を、『動かしながら』『休ませる』ことが出来たら、いろいろな病気を防いだり、回復させることも可能になるでしょう。









江戸っ子の、知恵の産物『鰹飯』


それなりに、深い効果があるのかも知れません。

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック