大型の台風が接近しています

2019/10/9 16:30
第三管区 発表

令和元年10月09日15時現在、小笠原近海にある台風第19号が、北西に毎時15キロメートルで進んでおり、週末にかけて、関東地方に接近・通過し、南寄りの風が強く吹く予報となっております。
先般の台風15号接近の際は、複数のサーファーが、風浪の影響により岸に戻れなくなる事故や高波に巻き込まれ負傷するといったマリンレジャーに伴う海浜事故が発生しています。
台風の接近に伴う強風や、突然の高波が予想されますので、不用意に海に近寄ることは大変危険ですので、避けていただけますようにお願い致します。


 海上保安庁ではウォーターアクティビティ(水辺でのレジャー活動)を安全に楽しむための事故防止に役立つ情報を、総合安全情報サイト「ウォーターセーフティガイド」に掲載しておりますので、是非ご活用ください。
    ↓ウォーターセーフティガイドはこちら↓
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/info/marinesafety/00_totalsafety.html

●対象海域
三管区

●詳細情報
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/dtl/emr/0300_20191009181917156_JA_199_EME.html


提供:海上保安庁

台風第19号の接近に伴う海難防止対策の徹底について(千葉港)

2019/10/9 10:30
第三管区 発表

台風第19号の接近に伴う海難防止対策の徹底について(千葉港)

 気象庁の予報によれば、台風第19号は、本日(9日)午前6時現在、マリアナ諸島付近にあり、1時間におよそ20kmの速さで北西に進んでおり、今後、非常に強い勢力で東京湾に接近する予想となっています。
 先の台風第15号では、東京湾において記録的な暴風となり、走錨に起因する衝突事故が多発したことを踏まえ、現在接近中の台風の状況を勘案し、厳重かつ早期の海難防止対策を行う必要があります。
 台風襲来時、東京湾内では船舶が多数避泊し錨地が非常に混雑する状況から、堪航性のある大型船等については、自船の安全確保の観点から船舶運航者、荷主等と早期に調整を行い、東京湾外への退避を含めた最善の行動を取るようお願いいたします。
 また、今週末は潮位が高くなる時期であることから、高潮にも十分注意し、コンテナ、船舶、資器材、作業足場等が海上へ流出することのないよう流出防止対策に万全を期すようお願いいたします。

 令和元年10月9日1030
  千 葉 港 長

●対象海域
千葉港

●詳細情報
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/dtl/emr/0300_20191009122656801_JA_199_EME.html

提供:海上保安庁