9月の船舶海難発生状況について

2019/10/10 17:30
第三管区 発表

 9月に第三管区海上保安本部管内で発生した船舶海難の発生状況(速報値)は以下のとおりでした。
●船舶海難発生状況概要
・船舶海難の発生隻数は44隻(昨年比22隻増)でした。
・小型船舶(20トン未満のプレジャーボート、漁船、遊漁船)による海難が18隻(昨年比1隻減)でした。
・発生隻数のうち、41%が小型船舶(20トン未満のプレジャーボート、漁船、遊漁船)でした。
●船舶海難内訳
・海難種類別発生隻数
  運航不能21隻(機関故障6隻、有人漂流5隻、走錨4隻、推進器障害・無人漂流各2隻、舵故障・燃料欠乏各1隻)、衝突13隻、乗揚4隻、浸水3隻、単独衝突2隻、転覆1隻
 
・船種別発生隻数
  プレジャーボート11隻(20トン未満11隻)、その他10隻、貨物船7隻、漁船6隻(20トン未満6隻)、タンカー5隻、作業船・旅客船各2隻、遊漁船1隻(20トン未満1隻)  

運航者の皆様におかれましては、
  (1)目視やレーダー等を活用した常時見張りの徹底
  (2)海図やGPS等による船位の確認
  (3)発航前点検(燃料、バッテリー、エンジンオイル、冷却水、船外機の取付状況の確認等)
  (4)万が一の故障時に備え、救助支援者の確保
  (5)最新の気象海象情報の入手
    ↓最新の気象情報(海の安全情報)はこちら↓
     https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/
を実施し、引き続き安全運航に努めていただきますようお願いいたします。

 このほか、海上保安庁ではウォーターアクティビティ(水辺でのレジャー活動)を安全に楽しむための事故防止に役立つ情報を、総合安全情報サイト「ウォーターセーフティガイド」に掲載しておりますので、是非ご活用ください。
    ↓ウォーターセーフティガイドはこちら↓
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/info/marinesafety/00_totalsafety.html 

●対象海域
三管区

●詳細情報
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/dtl/emr/0300_20191010174503916_JA_199_EME.html


提供:海上保安庁

トルコ地上軍がシリア北部のクルド人勢力に対して攻撃開始

トルコ地上軍が、シリア北部に展開するクルド人勢力に対して、空爆・砲撃に続いて攻撃を開始した。


初日の死者は15人、民間人も含まれると報道されている。


ロッキーのRの世界図は、かねてからの記事の通り、トルコを支持している。


それは、湾岸戦争の時に、日本政府が断念したイラクからの日本人退避の為に、撃墜予告されているイラク上空へ、2機のジャンボジェット機を飛ばしてくれたりした、歴史を忘れない義理堅い民族・国家だからだ。


ちなみにこの時、イラク国内に居たトルコ人達は陸路でイラクを脱出した。


彼らは「歴史の教科書で習った『あの時』の義理を我々が返せるのだ」と喜んでくれたという。


日本にとってトルコは、まさに『遥か彼方にいるが、決して裏切らない真の親友』なのだ。


そのトルコが地上軍を派遣してクルド人勢力の掃討に乗り出した。


クルド人といえば、国家を持たぬ最大の民族だ。


第二次世界大戦前のユダヤ人のような存在でもある。










ロッキーは自衛の為の戦闘以外、あらゆる武力行使を否定し、非難する。


それは、世界で唯一『平和の為の武力』を有する日本からしか、堂々と発信出来ないことなのだ。


隣国シリア、ましてやクルド人勢力との間には、様々な軋轢や葛藤があるのは理解出来る。


だから尚更、トルコにはなし崩しに発展するような戦線の拡大をして欲しくない。


民間人に死傷者が出るような攻撃手段をとってもらいたく無いのだ。


世界は二度の世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争、そして各地の紛争で、あまたの血を流してきた。


その教訓を、トルコにはしっかりと踏まえてもらいたい。


親友だからこそ出来る、助言や制止を、日本政府に期待したい。


親友なら、親友が間違いを侵しそうな時には、身体を張って止めてあげなければ。








トルコ地上軍がシリア北部の侵攻とのニュースを聞き、悲しいロッキーなのだ。

冷え込む朝

191010_062116_ed_ed.jpg191010_062126_ed.jpg
だんだんと朝日が低くなり、朝食のメニューが温かいものに変わります。


台風19号迫る中、意外にも晴れ渡る気持ちの良い朝になりました。


今日は娘の実力テスト。


高校受験の重要な指標になります。


どうなりますか。


期待と不安の入り混じるロッキーなのです。