『わかる』と『理解する』と『解釈する』

解剖学者の養老孟司さんのラジオ番組で『わかる』と『理解する』と『解釈する』の違いを解説していた。


『わかる』とは、感情の入った言葉。


『理解する』とは、理論的な整理がつく、ということ。


『解釈する』とは、想像を含んでいる運動的な言葉。


言葉的には理解出来るが、なぜこんな事を解剖学者の養老孟司先生が話すかというと、それぞれの時に動作している脳の部分が違うという。


なかなか面白い話だ。