海上保安庁発表:新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

2020/1/31 20:45
本庁 発表

中華人民共和国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症について、日本政府の発表によれば、2月1日午前0時から当面の間、新型コロナウイルス感染症の患者、又は疑似症患者、並びに過去14日以内に中国湖北省への滞在歴がある、又は中国湖北省発行の中国旅券を所持する外国人については、特段の事情がない限り、日本に上陸することができませんので、お知らせいたします。

●詳細情報
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/dtl/emr/0000_20200131205726972_JA_101_EME.html

●登録内容の変更・解除
【スマートフォン・PCはこちら】
https://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/reg/broadband.html
【フィーチャーフォンはこちら】
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/reg/touroku.html

提供:海上保安庁

スペシャル大判焼き

200130_170111.jpg200130_170153.jpg
中身は薩摩芋でした!


皆が在来だと思っているこの薩摩芋、実は舶来品種で、江戸時代の伝来になります。


当時は〜


『うるさいっ』


はい、すみません(笑)


酒でも焼き芋でも、美味しければGJ!


ご馳走さまでした!

シュナ

200131_033144.jpg200131_033243.jpg
大切に思うと云うことは、かくも辛いものか。


友の手を握り、体を摩る夜。


ふと、遺伝子の定める刻限を呪う。

予測以上のパンデミック

200130_070613.jpg
武漢からの帰国邦人チャーター便の第2便が到着したが、既に7人が発熱、感染者は更に増えるようだ。


接触者の罹患率はまだ不明だが、人口に対する罹患率が10%に上れば、死亡率を現在の約5%としても総人口の0.5%が死亡することになる。


100万人都市なら、5000人が死亡する計算になる。


更にはウイルス自体の毒性変異が起これば、この計算は根本から崩れてしまう。


ウイルスは生物ではない(細菌とは違い、DNAのプログラムに近い)ため起こらないはず(?)だが、ロッキーはこの新型コロナウイルスが、既存のインフルエンザウイルスとのハイブリッド化を起こしてしまうのを心配している。


生物はあらゆる壁を乗り越えて進化してゆく。


たった50年前、人類は大気圏と引力と言う壁を乗り越えて宇宙へと進出した。


それに比べれば、同じ人体に感染した二つのウイルスが相互に干渉する等はたやすい事だ。


また、真菌のような常在菌がウイルスの干渉を受けて、悪性変異することも否定は出来ないと思う。


変異がなくとも、ここに鳥インフルエンザが発生したりすれば、人類は計り知れないダメージを負うだろう。


政策では対処しか出来ない。


予防策は我々個人の力量の中にしかないのだ。


しかもそれを必要とする時間的ポイントは、既に過ぎた。


緊急事態は既に我々の身の回りにある。


子供達を護るため、我々は行動しなければならない局面にある。






凄まじい感染力と死亡率の前に出来る事は少ないが、何もしないよりは良い。


出来る事から始めよう。

四十日四十夜

200129_071129.jpg
1月としては1ヶ月分の雨量を1日で超えた朝。


凄まじい雨音に目を覚ますこと2回、気味の悪い夜が明けた。


道々は水で溢れた。


『雨、四十日四十夜地に注ぎ


その鼻に命の息の通う者、皆死ねり


ただ、彼と共に方舟に在りし者のみ残れり』


現実のような気がした。

蕎麦

200119_074626.jpg
ロッキーは蕎麦が好きですな。


ロッキーだけでなく、ロッキー家全員、蕎麦は大好物です。


特に香り高い秋の新蕎麦は、旬の野菜やキノコ、魚等の天ぷらの付け合わせと合わせた格別の美味しさが堪りません。


また、笊蕎麦や盛蕎麦を頂いた後の蕎麦湯も、大きな楽しみのひとつです。


ロッキー家のみならず、蕎麦は日本を代表する故郷の味覚です。


でも、この蕎麦について、ロッキーは少し不思議に思っている事があります。













蕎麦屋さんの系譜には、大きく分けて4つの流れがあります。


ひとつは有名な『藪』


その名の通り、蕎麦屋さんの『藪』の暖簾分けした系譜です。


そして二つ目が『更科』


蕎麦の実を、外側の黒い殻の部分が無くなるまで挽いて打った、白く雑味の少ない上品な蕎麦です。


そして三つ目は、日本各地の地方独特の食文化に根差した、いわゆる『田舎蕎麦』です。


藪蕎麦や更科蕎麦のような格式を持った路線にのらない、地方独特の方法で打たれ食されている昔ながらの地物の蕎麦です。


そして四つ目の『砂場』


安土桃山時代、豊臣秀吉が大坂城を築城した時に、その建材の砂置き場の前に人足の食需要をあてにして蕎麦屋が出店しました。


それが『砂場』の起こりです。


つまり大阪発祥の蕎麦屋さんなのです。


ん?


関西地方は、蕎麦ではなく『うどん』の食文化なのでは?


かの池波正太郎の『藤枝梅安』の中でも、大阪に匿われた小杉十五郎が店に入り


「そばは無いのか?」


「へえ、うちはうどんだけです」


「ならばいらぬ」


と、店を出る下りがあります。


結局、小杉十五郎は蕎麦に代表される江戸(関東)の味恋しさに江戸に戻ってしまうのです。


大阪には蕎麦の食文化は無く、代わりにうどんの文化が発達した(お好み焼きやタコ焼きなど、粉物文化は太平洋戦争後の混乱期に生まれており、この時代には無い)と、当然のように知識として覚えているのですが。


本当は大阪には、安土桃山時代の大坂城築城時から続く『砂場』の蕎麦が暖簾分けして広まっているはずなのです。







なぜ?








恐らく調べれば分かってしまうのですが、面白い題材なので誰かに教えてもらいたくて、疑問のまま棚上げしているロッキーなのですが。


誰か教えてくれないかな〜

咳が辛いね

200127_214703.jpg
夜中、度々ケホッケホッと咳込みます。


その度に背中を摩り、トントンと叩いてあげますが、なかなか収まりません


人間でも咳が続けば体力を消耗するのに、体重6kgのシュナ、しかも高齢となれば、その疲労は激しいものがあります。


目に見えて衰えてきたシュナ。


せめて、咳だけでも止めてあげられれば、ずいぶん楽になるのですが。


心配で、入れ代わり立ち代わり、話し掛けて背中を摩っているロッキー家の三人。


後ろ髪を引かれる思いの出勤・登校でした。

冷たい雨の朝

200128_070345.jpg
関東地方各地で雪となった28日。


つくば地域は雪こそ降らなかったものの、冷たい雨の朝になりました。


ふと見ると、娘の手に手袋がありません。


「お父さんの手袋していきな」


「いいんだ、いつもしないから」


「かじかんじゃうよ」


「慣れてるから大丈夫」


「無理しないんだよ」


「行ってきます」


「行ってらっしゃい」


なかなか頑固になってきた娘。


頑固に生きると言うことは、時折哀しみを伴うと言うことを話してあげようと思った朝でした。

三會合同新年会にお呼び頂きました!

200125_192738_ed.jpg200125_192752_ed.jpg200125_202256.jpg200125_202309_ed.jpg200125_202320_ed.jpg
茨城県県南の神輿會三會による合同新年会にお声頂き、一ノ矢神輿會3名で出席させて頂いてきました!


日頃から一ノ矢神輿會の渡御のみならず、まつりつくばや元旦渡御、他のイベントまで幅広くご協力・ご指導頂いている多くの方々に、年始のご挨拶をすることが出来ました。


一ノ矢神輿會として、改めて感謝と御礼を申し上げます。


今年も様々な事業を計画しておりますので、皆様のご指導ご鞭撻を賜りたく、お願い申し上げます!

初天神

200125_130450.jpg200125_130844_ed.jpg200125_130514_ed.jpg200125_133526_ed.jpg200125_130500.jpg200125_131208_ed.jpg200125_131716_ed.jpg200125_131932.jpg200125_132349_ed.jpg200125_130250.jpg
茨城県は坂東市の大生郷天満宮の初天神祭に行ってきました。


菅原道真公をお奉りしている大生郷天満宮ですから、ロッキー家ではもちろん合格祈願です。


が!


当の娘本人は、『初天神』に興奮(困)


柳家小三治師匠の『初天神』が大好きな娘にとっては、お父さんと金坊のやり取りで頭がいっぱいの様子(笑)


で、やっぱり「あれ買って、これ買って」をやり(笑)


焼きそばとタコ焼き、それに大判焼きを買ってもらい。


お腹いっぱい、大満足の娘だったのでした!


樹木は古く大きく、境内はこじんまりまとまって、出店もそつなく揃い。


ロッキー好みのとても暖かい雰囲気の初天神祭でした!


2月25もやるのかな?


やるのなら行きたいな〜

シュナの体調

日曜日、ロッキーが所沢から帰宅する途上、かみさんの携帯に電話をしても出ない。


あれっと思い、自宅電話に電話をすると娘が出た。


「お母さんの携帯に電話したんだよ?」


と言うと


「お母さん、シュナの面倒見てる」


何か違和感を感じて電話を切り、帰路を急いだ。


帰宅してみると、かみさんが毛布にシュナを包み、出かける準備をしていた。


「どうしたの」


「アレフ(動物病院)に行く」


「具合悪い?」


「全然ご飯食べなくて、さっきぱたっと倒れちゃったの」


「…」


「そして起き上がれなかった」


「急いで行こう」


すぐにアレフに向かった。







アレフで診察してもらうと、いくつかの仮説が浮上して、血液検査、エコー検査、レントゲン検査を受けた。


結果から言うと、単一の原因は見当たらない。


高齢なことと、咳が続いていることからくる体力の消耗が慢性的な原因らしい。


体重6kgのシュナからすると、びっくりするほどの量の点滴注射と小さな注射を2本してもらって帰宅した。


血液検査や注射の痛みに、おとなしく耐えたシュナの表情は、いつになく穏やかに見えた。







帰宅してかみさんが、シュナの大好きな生鮭とジャガ芋、カボチャ、キャベツで煮物のご飯を作ってあげると、びっくりするくらい喜んで食べた。


気持ちも上向いたのか、久しぶりに寝返りも自分で打てた。


いくぶん、シュナの体調は戻ったように見えた。






今年の春で19歳になるシュナ。


しっかり世話をしてあげたいと思う。

パンデミック

やはり防げず、中国人観光客から新型コロナウイルスが検出されたと報道が流れた。


よりによって東京都内。


拡散は防げないだろう。


ロッキー家ではパンデミック時に一家で立て篭もるに十分な食糧備蓄を準備している。


が、今一度チェックしておかなければ。


現在の死亡率は恐らく5%程度だが、ウイルス変異によって死亡率が上がる可能性は十分にある。


気をつけなければ。

白い腕

200127_070832.jpg200127_070904.jpg
「車に気をつけるんだよ〜」


「ピョ」(手を挙げる)


いつものように、娘が白いジャージの左腕を挙げるのを見て、後ろ姿を見送る朝。


ロッキーにとって、何気ない幸福な日常の風景です。






『子供が一番幼い姿を見せてくれるのは今日しかないのだから、中学校までは背中を見送れ』


JCの先輩に言われ、小学生の娘の背中を見送り始めてじきに9年。


幼く危なっかしい娘の後ろ姿は、やがて頼もしく小憎らしくなり。


背中を見送って良かったなと思うロッキーが、冬の道端に佇んでいるのです。

今週は日曜日

200126_123910.jpg
今週は日曜日の温泉です。


ロッキーは金曜日、土曜日と飲み会。


ゆっくり休む日曜日のはずが(笑)


まぁ温泉は助かるのですが、移動がね〜

豚肉と根菜の中華風煮物

200120_225416_ed.jpg200120_231403_ed.jpg
豚肉と、大根・ごぼう・ニンジン・ねぎ・生姜の煮物を作りました。


八角と花椒、中華第一面で分けてもらった豆板醤を入れたので、中華の香りビンビンです!


やっぱりロッキーは汗タラタラ(笑)


やらなきゃいいのに!


辛いと尋常でない汗をかいてしまうのに、何故か辛くしてしまうのですな〜

合格

200124_071013.jpg200124_071027.jpg200124_071042.jpg200124_071053.jpg
なんとか合格。


支え励まして頂いた、多くの人たちに感謝です。


一安心の背中を見送る朝です。

シュナ

200123_013839.jpg200123_013728.jpg
だいぶ疲れて眠っています。


ヒーターの前でくつろいでいるうちに寝てしまったのですな。


一回ぐっすり眠ると、若い頃のように寝返りを打てないので、1〜2時間おきに体勢を入れ替えてあげる必要があります。


なので、昨夜はリビングに掛け布団を運んで二人で就寝。


いつまでも見ていたいこの寝顔を、夜な夜な眺めて撫でては話し掛ける(シュナはもう、ほとんど耳が聞こえません)ロッキーなのです。

盲目の猫マーヤ

200123_065250_ed.jpg
一昨日帰宅して、朝に作った中華風煮込みの味をつけ直していると、かみさんが台所にやってきた。


「さっきコトをナビ(塾)に送る前に、シュナがマーヤのお腹の臭いを嗅いでたのね」


「うん」


「見てみたら、血が出てる」


「…」


「よく見させてくれないんだけど、しこりもある」


「…」


「明日、アレフに行ってくる」


「うん」


「…」


「家族だからね、出来る限りのことをしてあげましょう」


「うん」


そして昨日、アレフ動物病院にマーヤを連れて行ったかみさんからメールが来た。


【マーヤ、乳腺腫瘤です。
ターニャと同じ・
犬の場合は良性、悪性半々だけどネコは90%悪性なんだって。
右の乳腺に2箇所、うち一つから出血あって、左にも一つ小さいシコリがある。
24日(金)に手術をすることになりました。
手術は右の乳腺を全部取って、左のシコリも取れれば取るって。
今回の手術で左のシコリを取っても乳腺が残ってればまたできる可能性があるから、もし左の乳腺を全部取るには1ヶ月とか間おいてからまた手術するしかないそうです。

手術費は14万前後だそうです。】


光の無い、暗闇の世界に住むマーヤ。


近頃はあまり歌わないが、子猫の頃は兄や父母を呼んでよく歌っていた。


あの歌声を絶やしたくない。

5分

200123_070715.jpg
あと5分。


5分早く出られるように起こしているのに(怒)


お父さんの目覚まし時計を持っていってしまうので、わざわざ同じ目覚まし時計を買ってあげたというのに。


本人の自発的な気持ちが希薄なようでは(怒)


何か考えないと。

低温注意報のカレーの日

200122_071150.jpg200122_070511.jpg
カレーの日の今日、ラジオが茨城県に低温注意報を呼びかけている。


まさに、カレーを美味しく頂くお膳立てのようだ。


まぁ、暑くても寒くても、カレーは天才的に美味しいのだが。







海軍式のイギリス系カレー、グリーンカレー、和風カレー等、ロッキー家はカレーが大好きだ。


カレーパンうどんや、カレーピラフ等の変化球もしかり。


辛い食べ物にめちゃくちゃ弱いロッキーだが、汗をかきかき食べるカレーが大好きなのだ。


とても馬鹿っぽい図柄だが、その馬鹿さも含めカレー好きのロッキーなのだ。









カレーの日、夜中に作って明日の朝食をカレーにしようか、目論むロッキーなのだ。

寒い朝

200121_070755.jpg200121_070804.jpg
低い日差しが畑の土を優しく撫で、霜柱の氷を輝かせる朝。


防寒着で冬の雀のように着膨れた娘が、自転車を漕いで遠ざかってゆきます。


今日も、ごくごく当たり前の普通の、深く感謝しなければならない日常が訪れてくれるよう、願うロッキーです。










当たり前の事に目を留め、過ぎ行く日常の貴重さに気付き、その成り立ちを支えている偶然の多さに感謝し、自らの力で支えている部分のあまりに少ない事に気付きます。


自分自身の持てる力で生きたいと息巻いても、実際は周囲に生かされている部分の何と多いことか。


『歯軋りしつつ行き来する、俺は一人の修羅なのだ』


人は支え合って生きて行くものだと、その文字が教えてくれていますが。


その器量も無く器も無く、そして人にもなれず。


ロッキーもまた、歯軋りしつつ行き来する一人の修羅です。

大寒の朝

200120_070414.jpg200120_070433.jpg
私立高校2校の受験が終わり、次は3月4日の県立高校受験まで、約1ヶ月の最後の追い込みになります。


人生の最初の試練を迎えているのですが、どっしりマイペースの娘(笑)


大丈夫かな〜

お稲荷様への祈願

200116_071550.jpg200116_071704.jpg200116_071414_ed.jpg200116_071536.jpg
高校受験シーズンが始まっています。


毎朝のお稲荷様へのお祈りにも、その関連したお祈りを加わえ始めています。


自分の受験の前は、主に友達の合格祈願でした。


そしていよいよ自分。


青春時代真っ只中の娘なのです。

今週は日曜日

200119_103647.jpg
今週は日曜日の温泉です。


せっかくロッキー弟がIHクッキングヒーターを買ってくれたのに、ガス台を使って(火に手をかざして暖をとる癖がある)いるらしく、重ね着した上着の袖を焦がしてしまいました。


焦がした位で済んだから良いようなものの、火が点いてしまえば服の脱ぎ着が不自由なロッキー父が、急いで火の点いた上着を脱げるわけもなく。


間違いなく焼死していたし、そのあと火災に発展してしまっていたことは明らかです。


今更、その悪い癖が直るはずもないので、今日からガスを止めてIHクッキングヒーターに一本化させようと思います。


危ない要因は他にもあるはずですが、ひとつづつ潰して行かないと。

お母さんを待つターニャ

200115_070752.jpg200115_070831.jpg
ターニャのお母さんは娘です。


でも、かみさんもお母さんだと思っているので、お母さんが二人います(笑)


朝、ロッキーと娘の見送りに行き、お稲荷様で後から来る娘を待つ時。


ターニャはお母さん(娘)が心配でならないのです。


(笑)


とても家族思いで心配性の、でも底抜けに落ち着きなくおっちょこちょいなターニャ。


ロッキー家のかわいいかわいい娘なのです。

ロックシュガーを作ってみる

200112_184349.jpg200112_184410.jpg200112_185052.jpg200112_190551.jpg
砂糖を煮詰めてとろとろにします。


その砂糖を、串に打ったミニトマトに回しかけ、糖衣錠状態にします。


熱い砂糖で熱され、ガラスのように溶けた砂糖でコーティングされたロックシュガーの完成です。


が、今回はコーティングを強くしすぎてしまいました。


もっと薄く、パリパリにすれば食感もよく食べられそうです。


今年、お花見デビュー出来るかな?

テーブルの脚が折れた日

25年前の今日1月17日。


日本列島を支えるテーブルの脚が折れた。


あの日以降、日本列島の各地の脚が次々と折れた。


今や、残っている大きな脚は、関東地方の脚と、東南海の脚だ。


今、令和の時代を生きている我々は、恐らくその折れる日を経験するだろう。


我々は備えなければならない。


燃料や保存食糧を備蓄して、マニュアルを共有しておかなければ。


今日、改めて家族と話しておこうと思う。

春の兆し

200113_113828.jpg200113_113838.jpg200113_113945.jpg200113_113957.jpg
一ノ矢八坂神社の境内に添って道を歩くと。


早くも臘梅の花が咲き始めていました。


まだまだ寒い日が続きますが、季節は着実に進んでいるようです。

娘を見送る

200114_070323.jpg200114_070352.jpg200115_071408.jpg200116_071753_ed.jpg
このところ、娘を見送れています。


いよいよ明日、最初の正念場。


頑張ってほしい、娘なのです。

駐車場のケヤキ

200113_083948_ed.jpg
一昨昨年、一昨年、昨年と、巨大台風の度に三人掛かりでないと抱えられないような巨木が、根本からの倒壊に見舞われた神社の駐車場。


巨木の樹齢も倒壊の危険があるほどに達していたのは確かなのだと思うが、やはり近年の気候変動による台風の巨大化が要因となっている事は確かなことだ。


幸いにして昨年の台風を乗り切った木々も、今年を乗り切れる保証はない。





ふと駐車場で葉の落ちた裸の木々を見回すと、いかにも太い枝々の重さに耐えられそうにない部分が見えた。


大丈夫かな…


不安に見上げる空だった。

新串焼き料理メニュー

101q0007535447q8r07s.jpg
●ロックシュガー
トマト、りんご、イチゴ、ぶどう等の串焼きロックシュガー

●クミン塩の塩ふりラム肉串焼き

麺屋KENJUの2トップ

191212_182302_ed.jpg191122_180825_ed.jpg
もちろんロッキー的(笑)


なんせ麺屋に行って麺を抜いてもらうんですから、こんなに失礼な客も居ないもんですが。


そこは一年間毎週通っている足数で勘弁して頂き。


日々、スープサラダをひたすらムシャムシャと、青虫のように食べているロッキーなのです。


さぁネーミングをどうしようか。


蕎麦に習って「抜き」?


で、「茹でキャベツ」か「温サラダ」を足す?


「スープ」は?


う〜ん(笑)

15の夜

180805_172107.jpg
娘が無事、15歳の誕生日を迎える事が出来た。


世の中の日々の出来事を見るに、希望する様々な未来は、予測出来ない様々な要因によって遮られると云うことを、ロッキーは理解しているつもりだ。


目の前のささやかな幸福は、予期せぬ些細な障壁によって見えなくなってしまう。


そしてそれは、全ての人にいつ起こってもおかしくなく、平等でもなく帳尻を合わせるでもなく、無作為にいきなり訪れるものなのだ。


そんな中、ただでさえ危なっかしい我が娘が、無事15歳を迎えられた事は、全方位に感謝しなければならないことだ。


毛一筋程も、傲慢さや思い上がりなどあってはならない。


当たり前ではなく、夥しい幸運の果てに、今ささやかなと表現している感謝してもしきれない程の幸福が存在している。


慎まなければならない。


慎まなければ。







ふと今日、NHKのラジオで豊の卒業が流れ、15の夜を思い出した、R16の路上だった。

シュナの咳

200109_105056_ed.jpg200110_115117.jpg
このしばらく、シュナの咳が酷い。


激しい咳が止まらず、ずっとケホッケホッゲホッと咳き込む。


その間、背中を摩ったり軽く叩いてあげたりすると多少は楽になるらしいが、やはり連続して咳き込んでしまう。


ふと


『フィラリアか』


と頭を過ぎり、居ても立っても居られなくなり、アレフ動物病院へ駆け込んだ。


いくつかの検査のため、レントゲン検査を受けている間、まんじりともせずに時間を過ごした。


「齊藤さん」


呼ばれてレントゲン室へゆくと


「フィラリア陰性でしたよ」


7度も経験しているが全く慣れる事のない、HIV検査で陰性だった時と同じ感覚を覚えた(笑)


では咳の原因は何なのか。


レントゲンから診察するに心臓肥大は起こしていないので、それによる気管圧迫は考えにくい。


なので仮説は二つ。


ひとつは『ケンネルコフ』そしてもうひとつは『気管虚脱』らしい。


ともに気管系の疾患だが、服薬して安静にしていれば治るとのこと。


一安心だが、連続的な咳は非常に体力を消耗してしまう。


シュナは今年で19歳。


年齢的には体力の消耗から、肺炎等の合併症を引き起こしてもおかしくない。


薬を処方してもらって帰宅し、それまで使っていた石油ストーブを止め、換気をして電気ヒーターに切り替えるとシュナの咳が止まった。


直接的に石油ストーブの燃焼ガスが原因とは思えないが、トリガーのひとつではありそうだ。


リビングに空気清浄器と加湿器を移してやると、今までの咳の疲れを癒すようにぐっすりと寝入った。


しばらく空気の質に気を配ってあげようと思う。

NEW!!麺屋KENJU【ケールクリーミーラーメン】

期間限定☆数量限定☆
スープを飲もう!
【ケールクリーミー】新発売!

DSCN1167.JPG

キャベツの原種でもあるケールは野菜の王様とも言われ、非常に栄養価の高い食品です!

種は自然種(原種)
土は農薬化学肥料不使用

ホンモノのケールは苦い?甘い?どっちかな?

スープを飲み干せば、わかるかも…

DSCN1169.JPG

トッピングには味付けも加熱もしておりません♪
 
素材がいい仕事をしてくれます♪

ごまかしが利かない一杯を味わっていただければと思います!

DSCN1173.JPG

ご来店お待ちしております!!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

[ツイッター]
https://twitter.com/KENJU_yasai
[フェイスブック]
https://www.facebook.com/tukuba.takasaki/
[インスタグラム]
https://www.instagram.com/menya_kenju/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

麺屋KENJUちゃんとした『塩クリーミーラーメン』(笑)

200108_134038_ed.jpg200108_134100_ed.jpg200108_134136_ed.jpg
ちゃんとした(笑)


塩クリーミーラーメンを頂いて来ました!


何がちゃんとしたかと云うと!


ちゃんと麺が入ってるラーメンということ(笑)


ロッキーは通常、麺を抜いてもらい、替わりに茹でキャベツを入れてもらいます。


これも十分に美味しいのですが、やはりたまには本物を、と云うことで、ちゃんとした普通にラーメン仕立てにして頂きました!


やっぱり塩麹のクリーミーなスープは絶品です!


今年ものめり込むこと間違いなしの、つくば市の麺屋KENJUさんのラーメンなのです!

今日の温泉

200111_092945.jpg
かなり外は寒いですが、温泉入ってサッパリです!


じんわりほくほく、湯上がりを楽しむ朝です。

千勝神社へ合格祈願

200104_120523_ed.jpg200104_121735_ed.jpg
つくば市のくぼ茎崎にあります千勝神社へ、娘の受験の合格祈願に行ってきました。


『人事を尽くして天命を待つ』


一番大切な『人事を尽くす』の部分が不安ではありますが。


こればかりは本人次第。


頑張れるかどうか、正念場の娘です。

大判焼き『あじまん』

200104_155816.jpg200104_155807.jpg
土浦市は駅近く、昔の協同病院の西側にあるのピアタウンの南口を出た所の右側、駐車場内にある仮設店舗の『あじまん』さんに行ってきました。


昼間に神社の境内で購入した、唐揚げの揚げ油が合わなかったらしく全部吐いてしまい、ヘロヘロに弱っていたロッキーですが。


極薄皮に焼き上げた、祭の出店より少し小柄な、あんこ超タップリの大判焼きは満足感バッチリです。


夕方にはこの大判焼きで復活♪


おしるこ用の茹で小豆も購入し。


満足感アップのロッキー家です!

ヨシムラミートの叉焼&焼鳥

191231_104412_ed.jpg191231_110318_ed.jpg
年末の31日、つくば市小田のヨシムラミートさんで、叉焼とついでの焼鳥を購入してきました!


毎年の恒例ですが、今年は牛蒡巻きも購入♪


早速、かみさんの実家にて頂きます!


やっぱり美味しい♪


信頼度抜群のヨシムラミートさんです!


ただ…


ロッキーは一度小田地区に入ると『出られなくなる』


また、かみさんに連れて行ってもらいましょう!

世界は大戦前夜なのか

中東の大国イランがアメリカによるソレイマニ司令官殺害の報復として『殉教者ソレイマニ』作戦を開始、イラク国内に駐留するアメリカ軍へミサイル攻撃を行ったと、双方が発表した。


イラン、アメリカ、共に引くに引けない状況となった。


もちろん、イランは後ろ盾としてロシアと中国の後方支援を取り付けているのは確実で、その証拠にこの2大国からの声明は報道されていない。


同時にNATOとワルシャワ条約機構の声明発表も無く、アメリカ軍による攻撃が足並みを揃えたものでなかった可能性が高い事を裏付けている。


しかし、アメリカ軍によるイランへの攻撃は避けられないのは事実となった。


アメリカ軍の地上軍投入は確率として低いと思うが、もしそうなればロシアが地上軍を派遣するかどうかが鍵となる。


地上軍同士による戦闘が起これば、これを支援する航空機の制空権争いに発展してしまうのは一日を待たない。


現代の制空権争いの鍵となる制宙権はアメリカにあるが、はるか昔からキラー衛星を配備してきたロシアとしては、その攻撃力を行使せずに敗れる選択はしないだろう。


『殉教者ソレイマニ』作戦がどの段階まで作戦されているのか、あるいはアメリカ軍がどこまで反撃するのかが、実際の戦局の拡がりを決める。


もちろんロッキーは双方の自制を希望するが、もはや無意味だ。


ストップをかけられる中立的な大国は存在せず、影響力を持てるイギリスはEUからの離脱交渉という自宅の火事に手一杯だ。


わが日本やインドも、アメリカを押し止める程の力は無い。


今回ばかりは事の推移を見守るしかないようだ。

桔梗が丘

桔梗が丘.PNG

https://youtu.be/XGcOUEyCFPg

強い風吹く中、家族のために忘れないようにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ただいま」の声が小さい時は
心配で仕方が無いんだけど
丸くなった背中に手をあてて
出来るだけ優しい声で言おう「おかえり」

あなたが何かに傷ついた時
変わってあげられない歯がゆさは
それを乗り越えた時の笑顔を
見つめた時に 私の誇りになるから

夢中なものは変わるけど
夢中になる気持ちは変わらないで
その瞳に映るもの全てに
寄り添う事は出来ないけれど

冷たい雨が 頬切る風が
あなたの心を砕くかもしれない

負けないように 取り戻せる様に
ここだけはあたためておこう

鍵をかけたドア越しにこぼれる
あなたの泣き声をただ聞いてた
忘れないで何かに勝つ時は
負ける人の涙がある事を いつでも

正直言うと私だって
胸を張れるような大人じゃなくて
声を上げて苛立ちをぶつける
夜もあった本当にごめんね

いつかあなたが 扉を開けて
自分の空を翔く日が来ても
羽根を休める場所になるため
ここだけはあたためていよう

冷たい雨が 頬切る風が
あなたの心を砕くかもしれない

負けないように 取り戻せる様に
ここだけはあたためておこう

ここだけはあたためておこう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとり

season2-3.PNG


毎年のことですが、年末年始の『孤独のグルメ』集中放送が大好きですな。


今年はこれに、焼肉発作が併発!


https://youtu.be/_PnVySBrtaI


有名なseason2の第3話を見てしまいました!


早速我慢出来ずに焼肉です(笑)


しかも一人焼肉(笑)


まぁたまにはいいか!



ささやかな新年会

200101_130007.jpg200101_130018_ed.jpg
令和2年の元旦、毎年恒例のロッキー父とロッキー一家、ロッキー弟夫婦でのささやかな新年会を開いてきました。


80歳のロッキー父、いつまで揃う事が出来るか。


心配とつかの間の安堵が交錯する、ゆっくりした時間の新年会でした。

つくば市居酒屋『くぼ家』

200104_230756_ed.jpg200104_230855_ed.jpg200104_194009_ed.jpg
つくば市の土浦学園線、ステーキ宮の通りを挟んだ向かいにある居酒屋『くぼ家』さんに行って来ました!


つくばフィッシング倶楽部の新年会です!


こないだ忘年会やったばかりだろ!


(笑)


思いの他、料理は素晴らしいレベルで、魚の素材のレベルも非常に高い。


これは釣り師全員の共通感想でした。


さらに、価格が安い!


料理の値段は普通の居酒屋の半額レベルです。


新たなお店の開拓に成功した、つくばフィッシング倶楽部の新年会だったのでした!

鮭とタラのごった煮鍋

200105_181323_ed.jpg200105_181618_ed.jpg200105_193527_ed.jpg
大量の野菜(もやし、白菜、椎茸、ブロッコリー、大根、ニンジン、早い話が冷蔵庫の余りものばかり(笑))を、鰹と昆布の出汁で煮て、タラと鮭を載せてひと煮立ちさせます。


なんのことはない、普段の鍋料理ですが、寒い冬には嬉しい料理になります。

夜の焚火

200105_215951_ed.jpg200105_221027_ed.jpg200105_222246_ed.jpg200105_222324_ed.jpg
真夜中の焚火の免罪符に、ダッヂオーブン料理と言う言い訳を担ぎ出し(笑)


頻繁に真夜中焚火をやってますな。


だいたい焼くのは林檎です。


特に今年は、青森産の林檎を頂いたので♪


ワインやらシナモンやカカオを加えて焼き林檎をやってます。


美味しい冬のアウトドア料理です!

おみくじ

200104_143552_ed.jpg
高校受験直前、娘のおみくじは!?


「どれどれ」


「ちょ、ちょっと待って」


「見せなさいよ」


「ちっとちっと」


「なになに」


「おお!」


「おお?」


「大吉だ!」


「おお!」


「2年連続!」


「去年大吉であれなの?」


「…」


「ビミョー」


「…」


神頼みより、頑張って努力しろよ!?

麺屋KENJU!2020まもなく営業!!

191212_182249_ed.jpg
昨年はご愛顧いただき
ありがとうございました。

ネット通販(宅麺.com)で
年越しラーメン&年明けラーメンの
ご注文が止まりません〓
嬉しい限りでございます〓

店舗の初売りは本日11時から〓
4日(土)・5日(日)の2日間
公式アプリでクーポンを配信〓

?ベジタリアン
?ビーガン
?マクロビオティック
?ローカーボ
?グルテンフリー

健康・ポリシー・宗教などを理由に
特定の食材を避ける人は、
数多く存在します。
「食の制限」に関係なく、
みんなで笑って食事ができる店を
麺屋KENJUは目指しています。

本年もよろしくお願いいたします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

[ツイッター]
https://twitter.com/KENJU_yasai
[フェイスブック]
https://www.facebook.com/tukuba.takasaki/
[インスタグラム]
https://www.instagram.com/menya_kenju/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
クーポン情報はこちら
http://menya-kenju.com/mobileCampaign.php?guid=ON

皇紀2680年一ノ矢神輿會初担ぎ

200101_001543.jpg200101_001530.jpg
令和2年、皇紀2680年元旦の初担ぎを、例年通り一ノ矢八坂神社にて執り行う事が出来ました。


まずはお集まり頂きました多くの方々に、一ノ矢神輿會一同、深く深く感謝申し上げます!


また、当日飛び入りで担ぎにご参加いただきました参拝客の方々にも、深く御礼申し上げます!


令和2年、オリンピックが東京で開催される年、皆様に幸が多く訪れる事を願いつつ。


押し寄せる気候変動に、我々人類が抗う事ができる場所が、少しでもある事を願い。


その気候変動に、我々人類の生存を支える植物や昆虫達の営みが耐えられる事を願い。


世界の資本と軍事のバランスが崩れる中、新たな秩序が力に因って為されるのではなく、英知によって導かれる事を願い。


そして我が家の馬鹿娘が、少しでも受験勉強に集中出来る事を、切に切に願い。


191231_160545_ed.jpg


191231_151619_ed.jpg


191231_151605_ed.jpg


191231_151552_ed.jpg


準備に駆けつけてくれた会員の皆様も、ありがとうございました!




おかげさまで無事、執り行えた初担ぎでした!


皆様、今年も一ノ矢神輿會をお気にかけて下さいますよう、よろしくお願い申し上げます!

東京湾沸騰中♪

20200102_214655_ed.jpg20191225_202914_ed.jpg
釣友の千葉の磯野船長からの、年末から年始にのかけて釣果報告が素晴らしいことになっている。


まるで太平洋戦争開戦直後の大日本帝国海軍の大本営発表のようだ(笑)


行く先々満艦色、向かうところ敵無しだ(笑)


特に、鰤クラスの大型の群れが東京ディズニーシー沖にまで達し、さながら大漁祭になっているらしい。


もっとも顕著なのは太刀魚で、まさに太刀サイズが堤防からバンバン釣れているらしい。


う〜


行かねば…