テーブルの脚が折れた日

25年前の今日1月17日。



日本列島を支えるテーブルの脚が折れた。



あの日以降、日本列島の各地の脚が次々と折れた。



今や、残っている大きな脚は、関東地方の脚と、東南海の脚だ。



今、令和の時代を生きている我々は、恐らくその折れる日を経験するだろう。



我々は備えなければならない。



燃料や保存食糧を備蓄して、マニュアルを共有しておかなければ。



今日、改めて家族と話しておこうと思う。