鬼と仏は我に棲む

お願いだから殺さないでくれと


まだまだ寿命まで生きたいのだと願う


夥しい数のささやかな命を


この手はいったい幾つ殺してきた




愛する者の肌を撫で


病の床から救おうと食を調え


毎朝、お稲荷様の前で合わせて祈り


幼い娘を見送りながら振る


この俺の手は、同じ俺の手だ。


この俺の手は、同じ俺の手なのだ。


いつか裁かれなければならない、鬼と仏の棲む手なのだ。





そしてこの手を持つ俺は、修羅でしかない。


歯ぎしりしつつ行き来する


一匹の修羅だ。

ありゃりゃ

200209_102630.jpg
ホームヘルパーさんが、気を利かして炬燵の敷物を戻してしまいました。


おかげ様で炬燵の中にまた、ネズミの糞が。


来週、猫を連れて来ましょう。


敷物は丸めて縛って棄てに。


老人の一人暮らしなど、ネズミにとっては無人と同じ。


困った!