家族で再び『薬膳中華料理:三笠』(笑)

200329_134625_ed.jpg200329_134539_ed.jpg200329_133205_ed.jpg200329_141924_ed.jpg200329_142027_ed.jpg
浦里社長に連れて行って頂きました、雨引観音の薬膳中華料理店三笠さんに、翌日早速、家族で行って来ました!


「お母さんエビチリっ」


「浦里社長の超オススメでした」


「美味しかったんでしょう?」


「めちゃくちゃ抜群に美味しかったですな」


「ならお母さんエビチリっ」


「じゃお父さんエビチリはお母さんからひとつもらいますから、別のメニューにします」


「コトもお母さんからひとつもらう」


「絶っ対あげない」


「なんでさ〜」


「なくなっちゃうもん」


「けち」


「けちくそ」


「もう絶っっ対あげない」


いつも通り、騒がしいロッキー家です(恥)


結局、お母さんが『エビチリ』


娘が『坦々麺』


ロッキーが『薬膳つゆそば』


となりました!


さてさてお料理が出て来ると!


「んんん!」


「どうですかどうですか?」


「んふ〜


「どうなのさ!」


「プリップリでじゅわ〜って」


「え〜ずるい〜」


「頼まないあんたが悪い」


「だって〜」


「このソースが…またもう…


「ひとつ」


「あげない」


ロッキー家、うるさいです!


娘が注文させて頂きました『坦々麺』は、薬膳の香りたっぷり、普通の中華料理店の胡麻+ラー油の坦々麺とは全く違う、本格的な薬膳中華料理の坦々麺でした!


ロッキーの薬膳つゆそばは他では食べた事がない、薬膳スープを味わう中華そばで、こちらも一々具材が美味しく、下仕事に手を抜かないシェフの姿勢が表れたメニューでした!


オーナーシェフにもお心遣い頂いてしまい(汗)


浦里社長のご威光のおかげで、大満足のロッキー家だったのでした!


※かみさんはこれ以降、他のエビチリが食べられなくなりましたとさ!(笑)