不法侵入


これは、かみさんが経験した、実話です。


ちょっと、半端ではない体験なので、皆様ご注意下さい。




かみさんが若かりし頃(笑)


東京の専門学校に通うため、茨城の田舎者二人でアパート住まいをしておりました。


ある夜。


アパートの一室で寝ていた友人。


襖を隔てた隣室でヘッドフォンでテレビを見ていたかみさん。


ありふれた夜。


ふと、友人が暗闇の中、目を覚ました。


目が慣れて。


枕元に干してあるズボン。


「あぁ、こんなところにズボンを干したっけな」


視線をずらして。


ズボンのすそ。



































靴下。





















?


靴下?


部屋の中。


飲み込めない。


枕元に立つ、見知らぬ人影。


顔がこちらを見下ろす。































!!


腰が抜け、立てずに這って隣の襖をかきあけて、かみさんのいる部屋に飛び込む友人!!


いきなり飛び込んできた友人にびっくりするかみさん!






その友人の後を追って、隣室に踏み込んでくる人影。

















幸いなことに、その人影は、新たにいたもう一人(かみさん)が想定外だったらしく、驚いてその場を退散。


事なきを得た。










警察を呼んだら、「ここは茨城じゃねえんだから、窓の戸締まりぐらいしっかりしろ!」と怒られた専門学校生二人(笑)











一種の都市伝説にも似た実話。


ご注意あれ。

"不法侵入" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント