ロッキーの就職 1


偉そうな講釈をたれてるロッキーですが。


自分の就職活動は寂しかった。


学生ロッキーは、阿見町で鳶職のアルバイトをしておりました。


このアルバイト、東京の内装業のアルバイトに応募したときに、担当者がロッキーの住所を見て、「俺の実家へ行ってくれ」と言われたことから始まりました


最初から人身売買(笑)


ちなみにロッキーは、高所恐怖症(笑)


受けるもんじゃなかった(爆)


何とか大学2年から4年まで務めた9月のある日。


学生ロッキーは、バカなので就職活動をしてません(笑)


いつものように、ニッカと足袋、ねじり鉢巻で事務所に出勤した学生ロッキー。


「ちーっす」


親方「おう、お前の就職先を決めてきた」


「…?」


親方「今からスーツ着て行ってこい」


「…?」


親方「ぐずぐずすんな、コラ」


「なっ…何の会社っスか?」


親方「うるせえ、とっとと行けコラ」


「…はい」


続きます(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック