三會合同新年会にお呼び頂きました!

200125_192738_ed.jpg200125_192752_ed.jpg200125_202256.jpg200125_202309_ed.jpg200125_202320_ed.jpg
茨城県県南の神輿會三會による合同新年会にお声頂き、一ノ矢神輿會3名で出席させて頂いてきました!



日頃から一ノ矢神輿會の渡御のみならず、まつりつくばや元旦渡御、他のイベントまで幅広くご協力・ご指導頂いている多くの方々に、年始のご挨拶をすることが出来ました。



一ノ矢神輿會として、改めて感謝と御礼を申し上げます。



今年も様々な事業を計画しておりますので、皆様のご指導ご鞭撻を賜りたく、お願い申し上げます!

初天神

200125_130450.jpg200125_130844_ed.jpg200125_130514_ed.jpg200125_133526_ed.jpg200125_130500.jpg200125_131208_ed.jpg200125_131716_ed.jpg200125_131932.jpg200125_132349_ed.jpg200125_130250.jpg
茨城県は坂東市の大生郷天満宮の初天神祭に行ってきました。



菅原道真公をお奉りしている大生郷天満宮ですから、ロッキー家ではもちろん合格祈願です。



が!



当の娘本人は、『初天神』に興奮(困)



柳家小三治師匠の『初天神』が大好きな娘にとっては、お父さんと金坊のやり取りで頭がいっぱいの様子(笑)



で、やっぱり「あれ買って、これ買って」をやり(笑)



焼きそばとタコ焼き、それに大判焼きを買ってもらい。



お腹いっぱい、大満足の娘だったのでした!



樹木は古く大きく、境内はこじんまりまとまって、出店もそつなく揃い。



ロッキー好みのとても暖かい雰囲気の初天神祭でした!



2月25もやるのかな?



やるのなら行きたいな〜

シュナの体調

日曜日、ロッキーが所沢から帰宅する途上、かみさんの携帯に電話をしても出ない。



あれっと思い、自宅電話に電話をすると娘が出た。



「お母さんの携帯に電話したんだよ?」



と言うと



「お母さん、シュナの面倒見てる」



何か違和感を感じて電話を切り、帰路を急いだ。



帰宅してみると、かみさんが毛布にシュナを包み、出かける準備をしていた。



「どうしたの」



「アレフ(動物病院)に行く」



「具合悪い?」



「全然ご飯食べなくて、さっきぱたっと倒れちゃったの」



「…」



「そして起き上がれなかった」



「急いで行こう」



すぐにアレフに向かった。








アレフで診察してもらうと、いくつかの仮説が浮上して、血液検査、エコー検査、レントゲン検査を受けた。



結果から言うと、単一の原因は見当たらない。



高齢なことと、咳が続いていることからくる体力の消耗が慢性的な原因らしい。



体重6kgのシュナからすると、びっくりするほどの量の点滴注射と小さな注射を2本してもらって帰宅した。



血液検査や注射の痛みに、おとなしく耐えたシュナの表情は、いつになく穏やかに見えた。








帰宅してかみさんが、シュナの大好きな生鮭とジャガ芋、カボチャ、キャベツで煮物のご飯を作ってあげると、びっくりするくらい喜んで食べた。



気持ちも上向いたのか、久しぶりに寝返りも自分で打てた。



いくぶん、シュナの体調は戻ったように見えた。







今年の春で19歳になるシュナ。



しっかり世話をしてあげたいと思う。

パンデミック

やはり防げず、中国人観光客から新型コロナウイルスが検出されたと報道が流れた。



よりによって東京都内。



拡散は防げないだろう。



ロッキー家ではパンデミック時に一家で立て篭もるに十分な食糧備蓄を準備している。



が、今一度チェックしておかなければ。



現在の死亡率は恐らく5%程度だが、ウイルス変異によって死亡率が上がる可能性は十分にある。



気をつけなければ。

白い腕

200127_070832.jpg200127_070904.jpg
「車に気をつけるんだよ〜」



「ピョ」(手を挙げる)



いつものように、娘が白いジャージの左腕を挙げるのを見て、後ろ姿を見送る朝。



ロッキーにとって、何気ない幸福な日常の風景です。







『子供が一番幼い姿を見せてくれるのは今日しかないのだから、中学校までは背中を見送れ』



JCの先輩に言われ、小学生の娘の背中を見送り始めてじきに9年。



幼く危なっかしい娘の後ろ姿は、やがて頼もしく小憎らしくなり。



背中を見送って良かったなと思うロッキーが、冬の道端に佇んでいるのです。