マイリンク集

シュナ

200319_063341.jpg200319_063351.jpg
昨夜23:00頃、ロッキーは北千住であったNPOつむぎつくばの会議から帰宅した。


娘からのメールに見え隠れする書いていない文字の《悟れ》と云うメッセージに、ロッキーは最悪の場合を覚悟していた。


リビングに入ると、畳んであるロッキーの布団(階段を上がれなくなったシュナの為にロッキーはリビングで寝ている)に疲れてもたれ込んで寝ているかみさんと、炬燵の前に横向いて座っている娘、そして娘の前に敷かれた座布団に、横たわりながら上半身を起こしているシュナが居た。


身体が一気に安堵感に沈むのを感じたが、一瞬娘のメールの「前向きな言葉」の意味を取り違えていたと感じた。


「いろいろ説明してもらったんだけどね」


表情に色濃く疲労を残すかみさんが、布団から身体を起こして説明してくれた。


おそらく炎症か溜水の影が写っている肺と、夜中何度も寝返りを打たせていたにも関わらず発生してしまった右肺の潰れ、心筋のアシンメトリー肥大、そして今回判った腎臓の機能低下。


それらの複合的な要因から来る全身への打撃は、もはや回復を見込める状況にない、と云うことだった。


「でも出来る事は全てやってあげましょう」


「うん」


鼻に通したチューブから薬液を投与してもらい、血流が回復したシュナの手はずっと温かかったが、表情はあまり優れなかった。


が、直面を覚悟した最悪の事態は逃れた。


これからどれくらい残されているのかはわからないが、家族全員でシュナとの時間を大切に過ごしたいと思う。

マイリンク集

マイリンク集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント