悲しいけど

200507_191802_ed.jpg200507_191704_ed.jpg200507_190642.jpg
テアの時と同じように車に乗せ、シュナの好きだった散歩道を辿った。


「この道、たくさん歩いたね」


思い出の多い道を、ゆっくり走った。


ロッキーの腕の中で、シュナはまるで眠っているようだった。


お花を買ってシュナに添えてやり、葬儀場に向かった。


最期はやはり、皆名残惜しかったが、時間をかけて別れを告げた。


「頑張ったね」


「ありがとうね」


かみさんも娘も、シュナの身体や顔を撫で、その存在を心に染み込ませているようだった。








火葬を終え、シュナの骨を抱いた。


「シュナ、家に帰ろう」


家族みな、無言のまま帰宅した。


一時してかみさんが呟いた。


「悲しいけどね、なんかやり尽くした気がする」


それはロッキーも感じている。


所沢の病院では、手の施しようがなく、あと2〜3日だろうと言われた。


それから約2ヶ月、シュナは驚異的に回復してみせ、病の苦しみから抜け出して見せた。


手作りのご飯も喜んで食べ、歩いてみせ、決して病に倒れたのではないと家族に悟らせてくれた。


最期はまるで眠るように、かみさんの腕の中で逝った。


ジャックラッセルテリアの寿命14歳を遥かに越え、19歳まで生きて見せた。


これ以上、家族がしてやれることは無いと確信出来るし、シュナ自身もまた、持てる最大限の生命力を引き出して見せてくれた。


だから悲しいけど、とても清々しいのだ。


「シュナは頑張ったよ。これ以上は望めないくらい」


「うん、だからすっきりした」


ロッキーはシュナが病に苦しむ最期は見たくなかった。


それを毎朝、お稲荷様にお祈りしてもいた。


祈りは届いたのだと思う。


テアが14歳で亡くなった時、あまりのショックにシュナの時を恐れたが、そんな家族の心配をシュナは吹き飛ばしてくれた。


不思議とシュナを連れ帰ってから、家族に涙は無かった。


だが、家の中には大きな大きな喪失感が残った。


これを埋めるのはロッキーの仕事だ。


シュナの為にも頑張らなくては。


つくば市『中華第一面』エビチリ・砂鍋酸菜牛(ホントは魚)・ユーリンチーを頂いて来たよ♪

image0_ed.jpgimage6_ed.jpgimage5_ed.jpgimage2_ed.jpgimage1_ed.jpgimage9.jpgimage8.jpgimage4_ed.jpg
夕刻2時間ほど時間が空きましたので、ロッキー一家でつくば市の中華料理『中華第一面』さんへ行ってきました。


いつものようにニコニコと迎えてくれたマスター


「久しぶり久しぶり」


「ごめんなさい」


(笑)


注文は、ロッキーが安定の砂鍋酸菜魚、


「今〜魚ない魚ない」


「ええ!?」


「チェンジOK?、チェンジ、牛」


「あ、お願いします」


「ダイジョブダイジョブ」


(笑)


娘が


コト、エビチリの定食!」


「んはん、エビチリ定食」


「お母さんユーリンチーの定食」


「ユーリンチー、OKOK」


かくして料理が出て来ると!


「んん!牛、正解!」


「美味しい!」


「どれどれ」


「エビチリも〜んふ〜♪」


「あっこりゃあ美味しい!」


「ホントだ!」


「ユーリンチーって美味しい!」


「でっしょ〜♪」


しばらくすると?


「サービスサービス」


「あらあら!」


「うわ〜♪」


○○○を頂いてしまいました!


「これは?」


「そのままスープで」


「へ〜中華の食べ方だ」


日本の中華料理でも定番のサイドメニューですが、醤油などは付けずにスープで頂くようです!


「あっ美味しい…」


「凄い美味しい…」


「スープもたまんない…」


大満足の中華料理ディナーになりました。


まだ食べてないメニューばかりなので、また行こうねと約束した、中華は蘭州料理のお店『中華第一面』さんだったのでした。