言葉

言葉


ロッキーは娘に『言葉』と名付けた。


いくつかロッキーが挙げた候補の中から、かみさんが選んだ名前だ。


もちろん、それぞれの候補に思い入れのある理由があった。


その中で、『言葉』は最も重い理由のある名前だった。







言葉は、人から発せられた瞬間から聞く人々全てに等しく降り注ぐ。


簡単に発することが出来るものだが、それ故に発し方や聞き方に注意しなければならないものだ。


そしてその言葉は、聞く人を救い、励まし、慰め、愛しもするが、時に欺き、おとしめ、苦しめ、傷つけ、そして死に追いやる。


さらに言葉は、その意味によっては発した人にまで襲い掛かる。





ロッキーは先日、非常に強い言葉を発した。


自分では絶対に聞きたくないレベルの言葉だった。


しかもその言葉は、ロッキーより遥かに弱く、ロッキーより遥かに真面目で、そしてロッキーより遥かに小さな(年齢ではない)存在に対しての言葉だった。


その夜、頭の中で反復するその言葉に眠れず、何かをしていないと気が変になりそうだったロッキーは、高田会長から頂いたジャガイモを全部コロッケにして気を紛らわせてしまい、朝には無数のコロッケが揚がってしまった。


コロッケには当然食べる人が必要なわけで、家族や会社の人がその被害者となった。





自分が発した言葉は、必ず自分に返ってくる。


それを痛感した、本当に嫌な出来事だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント