(乱文)新世界〜ウイルスが変える新たな世界〜

5月の日本の輸出額が対前年で−28%、輸入額が−26%と、驚異的な数字が発表されたが、日銀の短観は更に悪化して−34%とリーマンショックに次ぐ減退となった。


あらゆる方面の経済活動に急ブレーキがかかり、どうしたらこの難局を乗り切ることが出来るのか、世界中の誰もが答えを出せないでいるのではないか。


復旧はもはや不可能で、再建と云うよりは、社会的な構造の新構築が必要なのだと誰もが気付き始めている。


目指すべきは豊かだった旧世界ではなく、新たな価値基準に則った新世界だ。


この新世界は人類をソフト面で淘汰のふるいにかけ、残酷に進化を強要することだろう。


地球という惑星の引力圏を脱して宇宙へ進出した人類に、生物としての進化の余地はほとんど無い。


残された進化の余地は、我々の人類たる由縁である脳の能力の自己拡張性にしか残っていないのではないか。


それは主には『能力』といった脳のハードウェア的な部分には存在せず、『価値を生む力』や『感動を与える力』、そして『それらを生もうとする熱意』といった人間性の部分に存在するはずだ。


そこを進化させる事が出来るか否かは、残酷にも個人の気力にかかっている。


経済の構造は中産階級が大多数を占めたかつての日本的なものではなくなり、中世の荘園社会的なものに移行してゆくだろう。


この移行は既に始まっており、国民の預貯金額の人口分布を見れば歴然としている。


しかし、その来るべき階級社会のヒエラルキーを決定付けるのは、意味の無い『身分』ではなく、個人の生物としての人間の能力を、いかに引き出せるか、その積極性を有しているかにかかっている。


簡単であり難しく、苦しいが楽しくもある。


娘にそれを遺伝させてやる事が出来るか。


そも、ロッキー自身生き残れるのか。


ふと、ドヴォルザークの新世界を聴きたくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント